生命保険の更新時に注意するべきポイント

生命保険

更新型の生命保険を契約している人は、更新時期が近づいてくると保険会社から更新についての連絡があります。

更新型の生命保険を契約しているということ自体を忘れている人も少なくなく、更新後には保険料が上がることに驚かれることでしょう。

そんな状況に対応できるよう、生命保険の更新時に注意するポイントなどを説明いたします。

生命保険の保障期間について

全期型

保険期間が長い主に定期保険などの保険は全期型となります。全期型の保険料は、保険料払込期間を通じて一定です。

終身型

一生涯を通じて保障が続くのが終身型の保険になります。終身型の保険料は終身払と期間を決めて払う短期払と払い込む期間の長さは変わりますが、いずれも保険料は一定です。

更新型

これに対して更新型とは、契約から10年、15年を当初の保険期間として設定し、その期間を満了した後、保険を継続したい場合にまた期間を10年、15年(当初決めた年数と同じ)と設定し更新していくタイプのものです(ただし、更新が出来る年齢に制限がある保険会社が大半です)。

更新型の保険料は、更新のたびにそのときの条件(年齢や利率など)で計算された保険料に改定されます。

更新型の生命保険のメリット・デメリット

ここでは更新型の保険について、詳しく説明していきます。

メリット

  • 契約当初の保険料が安い。
    お子様がいらっしゃるご家庭のように、できるだけ少ない負担で、一定期間について充実した保障を用意したいとお考え方に適しております。
  • 更新時に見直しをすることができる。
    お子様の成長や独立などによるライフステージの変化とともに、必要保障額は変化していきます。そのため、更新時に保障額を継続、減額等の契約内容を見直すことができる良い機会になります。
  • 大きな病気やけがをされたとしても保険は続けられます。
    保険期間の途中で病気やけがをされても、現在加入中の保障のまま継続したいという場合には、その時点での健康状態にかかわらず更新前と同額の保障を上限に更新期間満了まで継続することができます。

デメリット

  • 更新時にはその時点の年齢で保険料が計算されますので、同じ保障内容で更新する場合の更新後の保険料は、契約時の保険料より通常高くなります。先程、記載したようにお子様が成長するまでの一定期間について保障を充実させたい方には、契約当初の保険料の負担が少ない更新型保険はメリットになります。しかし、更新時にしっかり保険の見直しをしないと、保険料の負担額が想定以上に高くなってしまう事があります。
  • 健康状態により、他の保険に加入したり、保障の金額を上げることができません。更新型の保険は大きな病気やけがをしても継続できると書きましたが、その事はもちろんメリットでありますが、違う視点から考えると、生命保険の加入時には告知書等による健康状態のチェックがありますので、その条件に合わないと他の保険に加入できなくなる可能性が出てきます。そうなると、保険料が更新時には高くなり、更新期間の満了までしか保障も続けられない場合もでてきます

更新の判断基準は?

一般的には更新型の保険は更新するたびに保険料が上がっていく点に注意しなければいけません。

ですので、当初の保険料と次回の更新時の保険料を確認するのはもちろんのこと、特に高齢になってからは、病気や死亡のリスクが上がる分、保険料はかなり高額になりますので、最後70歳とか80歳とかまで続けたとしたら、保険料がいくらになるのか、またその金額を自分が高齢になった時に払えるのどうかを考えることです。

もう1つの注意点としては、更新できる年齢または期間に上限が設けられていることです。

例えば、更新年齢が80歳までの保険であれば、80歳を超えたあと、次の更新ができなくなります。

何歳まで更新できるのか、最大いつまで保障があるのかを契約前、保険を見直すときにあらかじめ確認しておきましょう。

まとめ

更新型は、ライフサイクルにあわせて保障を見直すことができ、保険料も全期型に比べると割安になりますが、更新後も同じ保障を続けると(一般的に契約当初より年齢が上がっているので)保険料が上がります。

一方で全期型は、ずっと同じ保障が続き、また保険料も上がることはありません。

同じ保障内容で保険期間の満了まで続けていくと更新型より総払込保険料が少なくなることが一般的です。

この特徴を知り、うまく活用してほしいと思います。

また、更新型にはさまざまなメリットがあり、とても魅力的な保険です。しかし、更新型の特徴やメカニズムを理解しないまま選んでしまうと、契約当初に考えた想定と異なることもあります。

更新型の契約や見直しの際には、メリットやデメリットだけでなく、将来のライフプランやマネープランを考え、さまざまな角度から検討することが大切です。

保険選びで迷ったり、自分に合ったプランがわからない場合は、ファイナンシャルプランナーに相談してみましょう。

執筆者

宮野 亮一(ファイナンシャルプランナー)

1995年大学卒業後、空調関係のメーカーに就職。このころ職業能力検定の一つとなったファイナンシャル・プランニング技能士、いわゆるファイナンシャルプランナーという仕事に興味を持ったことがきっかけで、2001年に損保系生命保険会社へ転職。主な業務は、家計相談やライフプランニング、そして個人・法人保険の販売。12年の経験を積み、より幅の広いコンサルティングアドバイスするために現職へ。個人の家計相談はもちろん、ライフプランセミナー、相続・事業承継等のコンサルティングを行う。ほけんペディアでも、幅広い分野の記事を執筆中。
■保持資格:AFP資格2019年度MDRT成績資格会員(Court of the Table会員)相続診断士
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。