簡単解説! 生命保険の予定利率とは

生命保険

生命保険の加入や見直しを検討中に「予定利率」という言葉を見かけたことはありませんか?「銀行の金利とは違うの?」「私の保険はバブルで金利が高い時に入ったんだけど…」などなど色々な声が聞こえてきそうですね。

今回は保険に入る時、見直す時に考える必要がある「予定利率」について詳しく説明していきます。

「予定利率」とは何か

それでは「予定利率」とはいったいどんな意味なのか、分かりやすく説明していきましょう。

保険料計算の要素の1つ

生命保険会社は将来支払う死亡保険金や満期金に備えて、十分な支払いができるよう「責任準備金」を積み立てます。この責任準備金を確保し、保険会社の利益も確保できるように保険料を計算しています。

その際に用いるのが「基礎率」と呼ばれるもので、「予定利率」「予定死亡率」「予定事業費率」という3つから成り立っています(下の図を参照)。つまり「予定利率」は保険料を決める際に大きく影響しているのですね。

3つの基礎率について見てみましょう。

予定利率

簡単に言うと、保険会社が契約者に約束する運用利回りのことです。保険会社は契約者から預かった純保険料と会社が保有する資産を運用して得られる収益を見込んでおり、その収益分を割り引いて保険料を算出しています。この割引率を予定利率と言います。

予定死亡率

過去の統計をもとに性別・各年齢別の死亡者数を予測し、将来の保険金支払いに備えるために必要な金額を計算しています。この計算に用いられる死亡率を予定死亡率と言います。

予定事業費率

保険会社では、新たに契約を募集したり、人を雇用したり、広告を作るなど事業を営むために様々な費用が掛かっています。必要な経費を予め組み込んで付加保険料として算出しますが、その時の経費の比率を予定事業費率と言います。

「高い」「低い」どちらがいいの?

予定利率は保険料の割引率ですから、当然「高い」方が良いということになります。

全般的に言えば、予定利率が高いほど保険料は割安になります。逆に低ければ割高になります。また、保険の中でも貯蓄性が高い終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険などは、予定利率が高い契約ほど運用効果が高くなります。

ただし銀行の預金金利のように、単純に預けた金額に対する金利とは性質が異なりますので、「(預金)金利」=「予定利率」とはなりませんので、比較をする時には十分注意が必要です。

予定利率はどのようにして決まるの?

では、予定利率はどのようにして決められているのでしょうか。

生命保険会社が予定利率を決める際には、基準とする指標があります。金融庁から示される「標準利率」です。標準利率は国債利回りの変動をもとに決められています。

1996年に保険業法が改正された際に、顧客保護を目的とした「標準責任準備金制度」が導入され、保険会社は標準責任準備金の積み立てが義務付けられました。

どのぐらい変わっていくものなの?

標準利率は、平準払契約に対しては毎年1回、10月に見直しが、一時払い契約に対しては毎年4回、1・4・7・10月に見直しが行われるルールとなっています。

最近では2017年4月に4年ぶりに見直しがあり、1.0%から0.25%と大幅に引き下げられ過去最低水準となりました。

加えて2018年4月には予定死亡率の決定基準となる「標準生命表」が13年ぶりに改訂となり、日本人の平均寿命が大幅に伸びたこともあって、特に定期保険で多くの保険会社が保険料を引き下げるというニュースも耳や目にされたのではないでしょうか。

予定利率は各保険会社の経営判断に委ねられており、標準利率が下がる度に引き下げられるものではありませんが、2017年のような大幅引き下げがあると、保険会社も予定利率の引き下げ、保険料の改訂を行う可能性が高まるわけです。

(財務省「国債金利情報」等を参考に作成 10年物国債利回りは各年の4月初めの数値を引用)

予定利率と預金金利の違い

ここまでの説明で、予定利率は銀行で預金をする場合の金利とは異なるということは理解いただけましたか。

預金金利は銀行が預金者に約束している利子(利率)のことで、その時々の景気や経済環境によって変動します。

一方、予定利率は保険会社が契約者に約束している運用利回りのことで、契約時に決まった利率は原則として契約期間中に変わることがありません。

過去から現在にかけての予定利率の推移

先に触れたように、予定利率は金融庁が示す標準利率を基準として決められます。

よって1999年4月に標準金利がそれまでの3.00%から2.75%に引き下げられて以来、各保険会社の予定利率も段階を経て引き下げてきました。

マイナス金利の影響もあり、2017年4月に標準利率が0.25%と大幅に引き下げがあり、その結果予定利率も史上最低レベルとなっています。

あなたの保険の予定利率を確認してみよう

さあ、それでは皆さんが加入している保険の予定利率をチェックしてみましょう。

ご自身が加入されている保険契約の予定利率を知りたい場合は、保険の担当者・コールセンターを通じて確認するか、1年に一度送られてくる『契約内容のお知らせ』などで知ることができます。

高い時期に加入した場合

一般的に1996年以前の契約は予定利率も高く、巷では「お宝保険」などと呼ばれ、保険料が割安な可能性が高いと言えます。

また、貯蓄性商品の場合は約束された返戻率が高い契約となっています。

低い時期に加入した場合

反対に予定利率が低い時期に加入した契約の場合、保険料が割高で、返戻率も低い可能性が高いということになります。

見直す時のポイントは?

予定利率を踏まえて、保険を見直す時のポイントにお伝えしたいと思います。大きく分けて定期保険などの「掛け捨ての保険」と終身保険・個人年金保険などの「貯蓄性保険」で注意するポイントが変わってきます。

掛け捨ての保険の場合

結論から言うと、予定利率が高かった時期の契約よりも現在のように最低水準の契約の方が損だとは言い切れません。

もう一つの純保険料の算定基準である予定死亡率が大幅に下がっているため、65歳までというように一定期間だけを保障する商品では、予定死亡率の低下が保険料の引き下げに大きな影響を与えるからです。

例えば収入保障保険(被保険者が死亡した場合、満了までの残り期間に対して毎月○○万円を支払う保険)では、予定利率が高い時に加入した契約よりも、低い時に加入した契約であっても割安になる可能性があるのです。

見直しの場合は、頼りになる専門家にしっかりと相談しましょう

貯蓄性保険の場合

こちらは予定利率が高い時の契約はメリットが非常に高いと言えます。

生命保険契約では、原則として契約時の予定利率が契約満了まで変更されません。よって高い予定利率は、現在のような低金利下においては優位に働くのです。

ただし、注意も必要です。契約内容の変更や転換などをされた時に予定利率が変更されてしまっている場合があります。「バブルの頃に入ったからお宝保険だろう」と思っていたら、実はそうではなかったという事例もありました。

また、いくら「お宝保険」であってもご家庭のキャッシュフローで、保険料を払い続けることが厳しい場合もあるかと思います。

その時には解約をしなくても「払済保険」にするなど、状況に応じて適切な対応を取ることで、より良くメリットを享受することもできるのです。

こうした観点からも、見直しの際は専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

予定利率が低い場合に選ぶべき保険

それでは、現在のように予定利率が低く設定されている場合には、どのような保険商品を選べば良いのでしょうか。

外貨建終身保険

過去と比較すると日本だけでなく、世界的にも低金利時代にあると言えます。

しかし、日本と比較するとやはり海外には市場金利の高い国があります。それを踏まえて、金利が高い国の通貨で運用するメリットが活かせる外貨建ての保険も販売されています。

一般的には通貨としての信用度の高い米ドルが中心で、豪ドルやユーロ建ての商品も存在します。

米ドルや豪ドル建て商品の場合、円建てよりも高い予定利率で運用されます。外貨建ての終身保険の場合、高い予定利率を背景に高い貯蓄性を期待することができます。

ただし、為替リスクがある点は注意が必要です。

積立利率変動型終身保険

他には契約時の利率が契約期間中一定な保険とは異なり、毎日・月2回などと定められた期間ごとに利率が変動する積立利率変動型の終身保険もあります。

この商品では、金利は市場金利に応じて見直されます。例えば、契約しようとしている時期が金利の高いタイミングだとすると、それ以降は金利が下がる可能性が高いですね。

よって、その時点の高い利率を固定できる一般的な保険に加入するのが良いと判断されます。

しかし、現在のように非常に利率が低い時期は、長い目で見て今後利率が上昇することが期待されます。

この場合、利率変動型は金利上昇のメリットを享受できる可能性が高まりますので有効な選択と言えます。

なお、外貨建てで積立利率が変動するタイプの終身保険もあります。

変額保険

最後は変額保険です。変額保険は契約者が支払う保険料に対し、契約者自身が運用リスクを負う点が通常の定額保険と異なります。

契約期間中の保険金額は定額保険同様契約時に保障されますが、運用が好調の場合は保険金額が当初の設定金額を上回ることもあります。

他方、解約返戻金や満期金(有期保険の場合)は運用が不調な場合は、支払保険料を大きく下回ることもあり、好調の場合は大きく増やすことも可能です。

つまり、リスクはあるものの低金利の時には、その後の市場金利の回復を捉えて運用ができた場合に、高い貯蓄性を実現することも可能です。

まとめ

以上、予定利率について詳しく見てきましたが、皆さんご理解いただけましたでしょうか。

最後にポイントを整理します。
・予定利率は保険料を計算する際の重要な要素
・予定利率は国債利回りの変動をもとに算定される標準利率を参考に保険会社が決定
・予定利率は一般的に「高い」方が良い。高い場合は保険料が割安で、運用効果が高い
・見直しの場合は、保険の種類によって状況が異なるので専門家のアドバイスを仰ぐべき

新しく加入する場合も、見直しをする場合もご自身の契約のメリットを最大化できるようにしっかりと選び、良い判断をしたいですね。

執筆者

速水 秀樹ファイナンシャルプランナー

1996年大学卒業後、繊維・化学メーカーに就職。ライフサイエンス関係の商品を海外展開する職務に従事。その頃「将来は海外での生活」を夢見るが、実母と祖母のダブル介護に直面し、サラリーマン生活に終止符。この時大きな人生の岐路に立ち、ライフプランニングと出会う。その重要性に気付き、自身がファイナンシャルプランナーへ。介護の経験、豊富な知識を生かし「お客様に誠実に寄り添い、本当の声を聴く」をモットーに活動中である。学生時代から登山が趣味。山登りで学ぶ先を読む力が、相談業務にも生かされている。執筆は、介護に関する記事も。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。