生命保険でお金を借りる? 契約者貸付制度の基礎知識

生命保険

生命保険には、その契約から借り入れをすることができる制度があります。保障や将来の満期金・年金などは必要なので解約はしたくない。でも資金が必要だという場合などに活用されています。その仕組みや注意点についてまとめました。

「契約者貸付制度」とは

契約者貸付制度の基本的な仕組み

契約者貸付制度とは、解約返戻金(解約払戻金等保険会社により呼び方は異なります)の一定の範囲内で借り入れをする制度です。

契約内容を変更するわけではないので保障内容も変わりませんし、将来の満期金・年金等も返済が完了していれば契約時の内容が受け取れます。また配当金がある保険の場合も、借り入れを受けたために配当金が減るようなこともありません。

いくつもの利点がある制度ですが、後ほど解説するような注意点もありますのでバランスよく利用することが大切です。

利用条件や利息

借り入れは解約返戻金の一定の範囲内で可能です。

保険会社ごとに異なり、また同じ保険会社でも保険商品ごとに異なりますが解約返戻金の70%~90%の範囲の場合が一般的です。(一部には50%の範囲内であったり解約返戻金があっても全くできないという商品もあります)
この範囲内であればほぼ自由に借り入れの額を指定することができます。

借り入れなので利息が発生します。

貸付利率も保険会社・商品によって異なる他、その保険に加入した時期によって違う場合が一般的です。これは加入時期によって契約に適用される「予定利率」が異なることが主な理由です。今であれば、最近の契約は貸付利率が安く、古い契約は高い傾向があります。2~3%程度の場合が多いですが低いもので1%台前半、高いもので6%台(かなり古い契約)の場合もあります。

※予定利率とは各保険会社が保険料を決める際に使う運用利率で契約時に適用される利率が固定されます。たとえば予定利率が高いと、同じ満期金に対して保険料は安く、低いと保険料が高くなるのが一般的です。保険会社はこれを上回る運用をする必要があるため契約ごとに貸付利率が異なるのが一般的です。(一部に契約時期にかかわらず同じという保険会社もあります)

※貸付利率は借り入れ後、保険会社が途中で変更できることになっていますが過去には変更された例は稀です。

申込方法

申込には「契約者貸付請求書」の記入提出が必要です。
※インターネット・ATM・お客様コールセンターを利用して申し込むことができる保険会社もあります。

1回目の借入には「契約者貸付申込書」と申込書が契約書の性質を持つため「収入印紙200円」が必要になります。2回目以降の借り入れの際は必要ありません。
※書類以外での申し込みの場合は収入印紙が不要な場合があります。

保険証券や印鑑・印鑑証明書等については各保険会社で取り扱いが違うため確認が必要です。

「契約者貸付制度」の利点

保険を解約しなくてよい

生命保険から資金を得るために解約するケースも多いのですが、解約すると
1.保障が無くなる
2.将来の満期金・年金が無くなる(特に利回りの良い商品)
3.新しく加入し直すと保険料が高くなる
4.健康状態によっては新たな保険加入が困難な場合がある
等のデメリットが生まれることがあります。

契約者貸付制度を利用するとこれらのデメリットがないため、契約を生かしながら資金を得たいという場合には有効な制度ということができます。

カードローンよりも金利が安い、また審査がない

個人で借り入れをしようとした場合カードローンの利用も有効な方法です。

金利面では2%前後のカードローンもありますが、上限金利は借入額により15%~20%となり、条件によっては生命保険からの借り入れの方が低い金利となる場合もあります。

また、カードローンは借り入れの際に審査があり、その内容によって金利が変わることもあります。これに対して生命保険の契約者貸付は審査がなく、契約者であればだれでも無条件で借り入れができる点も利点です。

返済期限がない

また、契約者貸し付けの場合は、原則として保険会社からの返済方法に指定はありません。
返済する時期を含め返済額も①利息だけの返済②一部返済③全額返済など契約者の資金計画に応じて返済計画が自由に設定できる点も重要です。

利用する際の注意点

保険に失効リスク

契約者貸付制度は便利な制度ですが、「借入金+利息」が解約返戻金を上回った場合には契約が失効(保険としての効力を失う)するので注意が必要です。

前に返済計画が自由に設定できるという利点をご説明しましたが、追加の借り入れをしたり、長期間返済しないことによって利息が大きくなったりすることで「借入金+利息」が解約返戻金を上回ることがあります。また一部商品では契約途中から解約返戻金が減っていく商品があるため、借入金が増えていないのに解約返戻金を上回るケースもあります。

こういったことが起きないように生命保険会社は契約者宛「お知らせ」を郵送するなどをするようにしていますが、借入額の管理はしておく必要があり、貸付制度を利用する際の注意点の1つです。

死亡保険金が返済に充てられる可能性がある

被保険者(死亡保障の対象となる方)が亡くなった場合に借入金が残っていると、保険金から「借入金+利息」が差し引かれて支払われます。契約者は借り入れについて知っていても、保険金受取人はそれを知らない場合もあります。この場合、保険金受取人は受け取れると思っていた保険金よりも少ない額しか手元に受け取ることができません。

このような場合も想定しながら契約者貸付制度を利用することが重要と言えます。

金利が高い場合もある

契約者貸付制度は前で説明しました通り、保険会社・保険商品・保険契約の加入時期によって金利の条件が異なります。他の借り入れ方法よりも契約者貸付制度の方が金利が高いケースもありますので情報の確認が大切です。

「契約者貸付制度」とカードローンの違い

借り入れについての審査があるかないかが違います。カードローンではカード作成時などに審査が必要ですが、生命保険の契約者貸付では審査は必要ありません。
また、返済についても違いがあります。カードローンは定期的に一定額以上の返済が必要ですが、契約者貸付は返済の時期、返済額は原則自由です。(返済額の単位が決まっている場合があります)

「契約者貸付制度」の限度額は?

保険会社・商品によって違いがあります。解約払戻金の70~90%が限度の場合が多いですが異なる場合や契約者貸付ができない商品もあります。
※申し込み方法によって利用限度額が異なる場合もあります。

契約者貸付制度の申し込み手順

具体的な申し込みの手順をまとめました。

申し込み方法の選択

書類での申し込みの他、インターネットやATM・お客様コールセンターで申し込みを受け付けしている保険会社もあります。

必要書類の準備

必要書類は借り入れをする金額などによって異なる場合がありますので、申し込みを予定する保険会社に確認する必要があります。

申し込み手続き

それぞれの申込方法での受付が完了すると数日後に貸付金が口座に振り込まれます。申し込みから着金までの日数は保険会社により異なりますが、書類受付後翌日~4営業日以内での着金が一般的です。またインターネット等書面以外の申し込みの場合は時間帯等により申し込み当日の着金も可能です。

まとめ

契約者貸付制度は利点も多いのですが注意点もあります。金利等の条件面を比較検討し、また将来の返済の計画も注意しながら、ご自身のスタイルに沿った借り入れ方法を検討することが何よりも大切と言えます。保険会社の社員・代理店などの専門家にアドバイスを求めるのも有効な方法です。

執筆者

吉野 紀幸ファイナンシャルプランナー

1987年大学卒業後、生命保険会社に入社。24年間の勤務の間に代理店営業部門、営業所長等を経験。2011年代理店として独立し税務・法務の知識を活用して法人分野(経営者保険・福利厚生制度のプランニング等)や相続・事業承継分野を中心に活動し現在に至る。活動エリアは九州を中心に関西、首都圏等。
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。