FPが解説! ドル建て保険

生命保険

近年、銀行の窓口や保険セールスから「ドル建て保険」という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。
貯蓄性の高さから運用商品して注目されがちですが、為替リスクがあるために注意しなければならない点があり加入時には注意が必要です。運用だけでなく実際はその名のとおり【保険】としても高い保障が準備できるその仕組みなどを学んでみましょう。

ドル建て保険とは

現在、保険会社で販売されているドル建て保険は、アメリカドル(米ドル)とオーストラリアドル(豪ドル)で運用されている商品がほとんどです。

ドル建て保険というからにはアメリカやオーストラリアで作られた外国の商品と思われがちですが、日本の保険会社が作った日本の保険商品であり日本の保険会社が取り扱いをしています。

ドル建て保険とは、万が一の際の保険金・保険料・解約返戻金・年金等が【ドル】で設定されている保険のことを言います。

一時払

ドル建て保険はその名のとおり保険商品ですので保険料を支払うことで加入できます。

その支払方法の一つとして一時払という払方があります。

保険料を一括で支払うことを言い、まとまった保険料が必要となります。

平準払

保険料を月払・半年払・年払で支払うことです。

ドル建て保険の特徴のひとつとして、為替相場の影響を受け毎回の保険料が変動します。

円高傾向の時は保険料が安く、円安傾向の時は保険料が高くなります。

なかには保険料が円で固定されている商品もあります。

ドル建て保険のメリット

アメリカやオーストラリアは、日本に比べて市場金利が高いためドル建て保険は高い予定利率で保障を得ながら資産運用することが出来ます。
※予定利率とは保険会社が契約者に約束している保険の運用利回りのことを言います。

予定利率が高いと保険料が安くなり、予定利率が低いと保険料が高くなります。

バブルの頃の高い予定利率とはいきませんが、現在の円建ての積立型商品に比べてドル建て保険は予定利率で有利な商品のため低金利時代の今、高い予定利率で保障を準備でき、ドルで運用できるメリットがあります。

保障

万が一の保障についてもドルで設定されています。

死亡保障、特定疾病保障、介護保障、身体障害保障など、現在はさまざまな保障を組み合わせられるように商品開発されています。

ドル建て保険は、円建て商品に比べて高い予定利率であるため、少ない保険料(ドル)で保障(ドル)を得ることが出来ることから特定疾病保障など死亡保障に比べ保険料が高い保障を準備する際にも円建て商品よりも少ない保険料で加入することが出来ます。

保険料

毎回の保険料は為替レートが円高傾向になると毎回の保険料は安くなります。

【保険料が100ドルの場合】
・為替レートが100円の場合 100ドル×100円=10,000円
↓(円高)
・為替レートが90円の場合 100ドル×90円=9,000円

保険料は、ドルで支払う商品がほとんどで円入金特約という特約により毎回の保険料を円で支払い保険会社がドルに換えて保険料に充当します。

その際、保険会社所定の為替手数料が掛かります。

・一時払保険料や前納保険料の支払いの場合、保有しているドルでも支払うことができる保険会社の商品もあります。
※前納保険料・・・将来の保険料を前以て納めることを言います。納める日の為替レートで支払うことが出来ます。

為替差益の可能性

為替相場の変動により保険金や解約返戻金を受け取る際に円安傾向になった場合、支払った保険料よりもドルを円に換えることで為替差益により多く受け取ることが期待できる商品です。

例えば、1ドル=100円の時に一時払商品に加入した場合、満期の際に1ドル=120円だとすると満期保険金1ドルあたり20円の為替差益が得られます。満期金が10万ドルの商品でしたら、10万ドル×20円=200万円(為替差益)となります。

ドル建て保険のデメリット

ドル建て保険には、「為替リスクがある」と指摘されています。

為替相場の変動により支払った保険料よりも保険金や解約返戻金が少なくなり損失を生じる可能性があります。

為替リスクは契約者や受取人に帰属しているところが重要なポイントです。

為替変動の影響

毎回の保険料はドルですから変わりませんが為替相場が円安傾向になると保険料が高くなります。

【保険料が100ドルの場合】
・為替レートが100円の場合 100ドル×100円=10,000円
↓(円安)
・為替レートが110円の場合 100ドル×110円=11,000円

契約者が想定していた為替レートより円安傾向になった場合に保険料の負担が多くなり、また将来的に支払う保険料(円)の累計保険料も多くなります。

「毎月の保険料が高くなって家計を圧迫している・・・どうしよう・・・」というケースも考えらえます。

為替手数料

保険料を支払ったり、保険金を受け取る際には円をドルに換えたりドルを円に換える手数料が掛かっています。

・保険料を円で支払う際に円をドルに換える手数料
・保険金・解約返戻金等を円で受け取る際にドルを円に換える手数料

これらの為替手数料は保険会社によって異なりますので注意が必要です。

為替相場の動向

外国為替市場では24時間休みなく通貨の売買が行われています。

ドル建て保険の契約者は、為替のリスクがあるからといって24時間動いている外国為替市場を注視している必要性はありません。

為替相場は、日本の貿易収支や海外投資の状況、インフレ率などが長期的な為替の動向に大
きな影響を与えます。

ドル建て保険は長期的な運用となりますので毎日の為替相場の動向よりも長期的に見守っていくことが大事です。

契約初期費用

一時払商品の場合、契約時に保険会社に支払う初期費用が明記されている商品があります。

保険会社の商品によって異なりますが、5~8%くらいの手数料がかかります。

入金した保険料から契約初期費用が差し引かれてから運用が始まります。

貯蓄性

円建ての終身保険や養老保険に比べて高い予定利率で運用されますので貯蓄性に優れていると言えます。

ドルでの利率となりますのでドルを殖やしていく目的で運用すると円建ての他の商品より優位性を感じられるでしょう。

ドル建て保険はドルで運用していますが、円で支払い円で受け取るケースが多いためドルの利回りのパーセンテージだけでは判断できませんので注意が必要です。

ドル建て保険で大切なこと

ドル建て保険はどうしても高い予定利率のため運用商品としてイメージされがちですが、低い予定利率の商品と比べてドルベースにより安い保険料で保障を確保しつつ解約返戻金や満期保険金などで資産運用効果も期待できる保険商品と考えることが大切です。

平準払の場合では払込期間中は為替相場の影響により毎回の保険料が変動します。

保険料が支払えなくなってしまい解約なんてことになりますと、大きな損失となりかねません。

保障面についても特定疾病や介護の保障を付加できる商品もありますが給付金もドルで設定されていますので受け取る際にも為替の影響を受けるとこも注意が必要です。

加入する際には過去の為替相場の動向を確認しながら無理のない範囲で保険料や払込期間を設定することが最も大切なことと言えます。

また、一時払商品の場合は、円で支払う場合にはまとまった保険料となるため契約時の為替レートと積立利率の推移を確認して納得できるタイミングで手続きしましょう。

解約時の返戻金

ドル建て保険の解約返戻金はドルで設定されています。

解約返戻金を円で受け取る場合には、解約日の為替レートでドルを円に換えて受け取ることになります。

現在は、解約返戻金は円でもドルでも受け取れる保険会社が多いので、円高傾向でしたらドルで受け取りタイミングをみて円に換えることも出来ます。

『あと15年後に解約して子供の大学の入学金に充てたい』というような教育資金をドル建て保険で準備する方もいますが、解約返戻金を使用するタイミングが決まっている方の場合、為替変動により契約者が予想していたよりも円高傾向に動いた場合に円転すると準備するべき金額に不足がでることもあります。

解約返戻金を受け取るタイミングは余裕を持たせることが重要です。

ドル据置

保険料の払い込みが終了した際にすぐに満期保険金や解約返戻金を受け取らずにドルのまま保険会社に据え置いて運用してもらうことを言います。

ドル建て保険の魅力のひとつが、円建て保険に比べて予定利率が高いため据え置き期間中の運用効果が期待できます。

保険会社で運用してもらうことによりドルが殖えていきますので長期期間据え置きながら高い利率にて運用することで為替リスクの軽減を図ることも可能となります。

まとめ

これまでご説明させていただいたようにドル建て保険には、為替・予定利率・リスクなど聞きなれないキーワードがたくさんあります。

金融商品として一方的に運用面でのメリットを主張する人もいれば、為替リスクのデメリットばかりを指摘する方もいらっしゃいます。

しかしながらドル建て保険は、契約者や契約者の家族の未来に向けて保障という安心と、ドル建て運用による老後資金などの資金づくりの両方を兼ね備えた【保険商品】です。

加入を検討する際には、解約返戻金の返戻率や為替差益だけに注目するのではなく、為替リスクを考慮しながら疾病、保障、老後資金、相続対策などライフステージに合ったドル建て保険に加入できるようサポートしてくれるファイナンシャルプランナーに相談すると良いでしょう。

執筆者

平林 陽介CFP®資格

東京都出身。2000年に大学卒業後、専門商社に入社。その後外資系生命保険会社を経て現在。掲載記事においては、自身の経験や顧客に寄り添う姿勢や顧客目線のアドバイスが特徴的。通常の相談業務においても、顧客の将来に渡っての経済的保障と生活の安定を図ることを優先している。質の高いサービスと好評である。幅広い世代での相談を受けており、豊富な経験から相談結果に対する顧客満足度も高い。
■保持資格:CFP®資格宅地建物取引士
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。