生命保険は何歳まで加入できる? お得な払込期間は?

生命保険

もし自分の病気になる年齢や寿命が前もって判っていれば、その直前に保険に加入するのが得かもしれませんが、残念ながらそれを知るすべはありません。

仮に保険に加入せずに年を重ねていたとしても、どこかのタイミングで加入したくなった場合、そもそも生命保険は何歳まで加入出来るのでしょうか?

また、お得な払込期間というものはあるのでしょうか?これらについて解説していきます。

生命保険の加入年齢の上限

2017年の簡易生命表の概況(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life17/index.html:厚生労働省)によると、男性の平均寿命は81.09歳、女性の平均寿命は87.26歳となっており、50年前と比べると男性は12.18歳、女性は13.11歳長生きになっています。

こうしたことから生命保険の加入年齢の上限は徐々に引き上げられており、高齢の方でも加入することが出来るようになってきています。保険会社によって規定は異なりますが、各保険種類別の加入年齢の上限は以下のようになっています。

死亡保険の場合

大半の保険会社では80歳や85歳が上限になっていますが、90歳を上限としている保険会社も数社あります。

医療保険の場合

医療保険には通常の医療保険と、持病があっても加入しやすい引受基準緩和型の医療保険がありますが、大半は85歳が上限となっています。

その他の保険の場合

その他の保険としては、がんの治療に備えるがん保険や、要介護状態となった時に備える介護保険などがあります。これらについても大半は85歳が上限となっています。

生命保険のお得な払込期間

保険期間が終身のタイプでは、保険料の払い込み期間について様々なパターンが用意されています。

例えば、生きている間払い続ける終身払や、10年間・15年間・20年間・60歳・65歳・70歳といったように一定期間で払い込みを終えるプランもあります。

こうしたパターンの中で、お得と言える払込期間はあるのでしょうか?

定年までに終わる払込期間

60歳ないし、公的年金の受給年齢である65歳が定年となっている会社が多いのではないでしょうか。

年金生活になる前に払い込みを終える設定とした場合、終身払い込みと比べると毎月の保険料は高くなりますが、払込総額は少なくて済みます。

例えばある保険会社の医療保険で保険料を試算してみると、30歳男性の場合、65歳払い込みのプランは終身払い込みのプランと比べて月々の保険料は約1.38倍高くなります。

65歳時点では終身払い込みの方が保険料総額は少ないわけですが、78歳を超えると65歳払い込みの保険料総額を上回ります。

平均寿命が伸びていることを考えると、年金生活における支出を抑える意味でも定年までに払い込みを終えるプランはお得と言えるかもしれません。

一括払をする一時払

保険料の払い込み総額は、一般的に以下のような図式で表されます。

月払 > 半年払 > 年払 > 一時払

保険会社によって異なりますが、月払と比べて年払は多くの商品で2~3%程度保険料が安くなります。

一回で全てを払い切る一時払については、設定がある保険の種類や保険会社が限られますが、さらに安くすることが出来るケースがありますので、手元資金に余裕があれば検討してみましょう。

高齢で生命保険に加入する場合の注意点

加入年齢の上限は引き上げられてきていますが、加入出来るからといってメリットばかりとも限りません。高齢の方が保険に加入する場合の注意点を挙げます。

満年齢の計算の仕方に気を付ける

現在ほとんどの保険会社が誕生日を迎えると1歳年齢が上がる計算になっていますが、誕生日から6カ月を超えると年齢が切り上げられる「保険年齢」が採用されている保険会社もあります。

特に84歳や89歳など、上限年齢直前のご年齢の方はまだ誕生日まで日にちがあるから余裕だと思わずに、早めに検討を始めるようにしましょう。

保障内容や保険料が妥当か考える

年齢が上がれば上がるほど、保険料も高くなっていきます。死亡保障などの場合、総払込保険料が生命保険金額を上回ってしまうようなプランもあり、貯蓄しておいた方が良かったのでは??となることも考えられます。

医療保険の場合でも、75歳以上の方は現役世代よりも負担の軽い1割の窓口負担で医療を受けることが可能ですから、貯蓄でカバーできる可能性もあります。(厚生労働省:https://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryouseido01/info02d-37.html

なお、75歳以上でも現役世代並みの所得がある場合は3割負担となります。

また、健康状態によっては保険料が通常のタイプよりも割高になってしまったり、特定の病気やケガに対して給付を受けることが出来ない条件付き契約になってしまったりする場合もあります。

「保険に加入していれば安心!」と安易に考えずに、本当に必要な保障なのかどうかをしっかり見極めることが大切です。

まとめ

平均寿命という言葉とは別に、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送ることが出来る期間を示す「健康寿命」というものがあります。

2016年時点で男性が72.14歳、女性が74.79歳となっており、どちらも平均寿命の伸びを上回るペースで年々伸びてきています。(内閣府 平成30年版高齢社会白書 概要版:https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/gaiyou/s1_2_2.html

それだけ元気な高齢者が増えているということであり、ご年配の方でも保険に加入しやすくなっていると言えますが、先に挙げた注意点の通り、安易な加入は禁物です。

また、保険料については早く払い込みを終えることが必ずしも得策とは限りません。

特に医療技術は日進月歩ですから、それに伴って医療保険の保障内容がどんどんバージョンアップされていくため、途中で保障内容を見直して加入し直した方が良い場合も考えられます。

単純に保険料だけの損得で判断するのではなく、他の預貯金や資産状況、医療技術の進歩なども踏まえて検討するようにしましょう。

執筆者

鷹尾 和哉(ファイナンシャルプランナー)

2000年大学卒業後、大手システム開発会社に入社しインターネットバンキングなどの開発に従事。自身のライフプランを立てたことがきっかけでFPの資格を取得、その後外資系保険会社に転職し、約300世帯のライフプランを任される。よりお客様に寄り添った提案がしたいと2012年に現職へ。家計や保険の見直し、相続、資産運用などの個人相談業務を数多く行っており、個別の資金計画がとてもわかりやすいと好評を得ている。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格トータル・ライフ・コンサルタント
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。