保険証券を紛失したら! なくしたときの影響や対処法

生命保険

保険証券は契約の証明となる重要な書類です。もし紛失してしまったら保険契約自体はどうなるのでしょうか? またその対処法について取り上げます。

保険証券はいつまで保管しておくもの?

保険証券は何のためにあるのか

保険証券は、保険契約の成立とその内容を証明するために、保険会社が交付する書面です。通常、契約が成立した後に郵送で届きます。保険証券には、以下のような契約内容が記載されています。

●証券番号
●契約者名
●被保険者名
●保険金受取人
●保険内容と保険金額
●保険期間
●保険料と払込期間

つまり、保険証券を見れば、契約している保険内容の詳細を確認することができます。時間の経過とともに契約した内容を忘れてしまうこともあるかもしれません。そのような時には、保険証券を見ればひと目で内容を確認できます。

また、加入途中で内容を変更した場合には、保険会社が変更後の新しい内容を上書きしてくれます。(保険会社によっては変更内容を別の用紙で発行し、保険証券と一緒に保管するように指示をするケースもあります。)

例えば、結婚して苗字が変わったり、受取人を変更したり、保険金額の減額や特約(オプション)の追加や削減をすることもあるでしょう。契約内容が現時点でどうなっているかは、保険証券を見れば確認できます。

また変更や解約、満期の手続きなどで保険証券の提出が必要となるケースもあります。いずれにしても保険証券があれば手続きがスムーズにできますので、保険証券は保険契約が終了するまで大切に保管しておくようにしましょう。

保険証券のペーパーレス化について

最近では、自動車保険や火災保険など損害保険を中心に、保険証券のペーパーレス化が進んでいます。

ペーパーレスを選択するメリットとして保険料の割引サービスを提供している保険会社もありますね。

今後は生命保険でも、保険証券のペーパーレスが選択できるようになるかもしれません。

損害保険でペーパーレスを選択した場合、契約成立後には保険証券ではなく「保険契約引受のお知らせ」等の書面が送られてきます。

保険証券に比べれば簡易的なものですが証券番号や契約内容が記載されていますし、また必要なら、契約内容は各保険会社のホームページなどから確認ができ印刷もできるようになっています。

実際に保険を使うような事態が起こった時のことを考えると、病気や事故など想定外のできごとに直面している訳ですから、落ち着いてインターネットで保険内容を確認し、必要に応じて保険会社に連絡をするという行動は難しいこともあるかもしれません。

ぜひそのような事態に備えるためにも保険証券などの「書面」を保管し、証券番号、保険内容、保険会社への問い合わせ先がいつでもすぐに分かるようにしておきましょう。

保険証券を紛失したらどうなる?

なくしても保険自体に影響はない

大切にしていても誤って捨ててしまうことや、紛失、破損、焼失してしまうこともあるでしょう。保険証券がなくても、保険の効力がなくなる訳ではありません。

しかし、名義や保障内容などの変更、また解約や満期請求など、加入している保険の手続きには保険証券が必要になることもあります。

保険証券がない場合はその代わりに本人確認書類や印鑑証明書を求められることもあり手間と時間がかかることがありますので、紛失に気付いた時には速やかに再発行の手続きをしましょう。

再発行に必要な手続き

保険証券の再発行手続きは、契約者本人が保険会社に申し出る必要があります。保険会社のホームページやパンフレットなどに記載されているカスタマーセンター、契約者窓口に連絡し、必要な書類を取り寄せてください。

その際、契約を特定するために証券番号の確認があります。保険証券や、保険会社から定期的に送付される「契約内容のお知らせ」などの書面にも記載されていますのでお手元に準備して連絡すればスムーズでしょう。

保険会社から必要書類が届いたら、必要事項を記入・押印し、保険会社に返送します。指示があるなら、本人確認書類などを添付しましょう。通常、1~2週間程度で新しい保険証券が到着します。

まとめ

保険証券は保険契約が成立したことを証明するために交付される大切な書面です。記載されている契約内容はしっかり確認しておきましょう。

保険証券を紛失しても保険の効力は失われませんが、手続きがスムーズに進むことがあります。

また、加入している保険証券を一冊のファイルにまとめておくことをお勧めします。

保険を管理したり見直したりするときにとても便利ですし、自分に万一のことが起こった時どのような保険に加入していたかを、自分以外の家族がすぐに確認できるようにしておくことも大切です。

執筆者

宮脇 英寿(ファイナンシャルプランナー)

中学高校の数学教師を経てファイナンシャルプランナーの道へ。「100歳まで元気に生きるためのライフプランニング」が独身者、家族世帯を問わず好評である。年間100世帯以上の個別相談に対応しながら、確定拠出年金や住宅ローン、ねんきん定期便の見かた等各種セミナー講師も担当。プライベートでは小・中・高校生の3人の子どもの子育て中である。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格住宅ローンアドバイザー
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。