20代のための生命保険! 選び方のポイントは?

生命保険

よく聞かれることで、「まだ20代ですが保険って要りますか?」というご質問です。

20代のうちから保険の加入はしておいたほうが万一のときにも安心ですが、そもそもそんなに若い時から生命保険は必要なものでしょうか?ここでは生命保険の必要性や選び方について解説していきます。

そもそも20代に生命保険は必要?

生命保険の目的は次の内容に大きく分けられます。

  1. 万が一の保障(死亡保障)
  2. 病気やケガ、がんなどの時に役立てる医療保険
  3. 将来の資金確保のための貯蓄性保険(個人年金や終身保険・養老保険)

目的はそれぞれ違ってきますが、いずれも将来のために早めに準備する方が有利かもしれません。

生命保険の選び方のポイント

保険料の安さで考える

保険会社にもよりますが、年齢別で保険料を比較した場合、一般的には若い頃から加入していた方が年齢が高くなって加入するよりも全期間を通じた支払総額は低く抑えられます。

私のお客様に、就職されてすぐに医療保険に加入した次の年の健康診断で異常が見つかって、命には別条ないがこれから一生薬を飲まなければならない病気(病名は伏せます)だったという方もいます。

病気の内容によっては、その後は保険の加入が困難となる場合もあります。よって健康なうち、つまり総じて若いうちに加入する方が保険料面においても、メリットは大きいです。

お金の貯まり方で考える

養老保険や終身保険は、死亡保障に貯蓄機能がついているため、死亡保障がそれほど多く必要ない若い独身の方でも、将来の備え(死亡保障+貯蓄目的)として十分役立つものです。

終身保険であれば保障は一生涯ついてきます。同じ保険金額の定期タイプ掛け捨て型商品と比べると保険料は高くはなってしまいます。

それでも、十数年後に、支払総額を上回る解約返戻金があるような貯蓄タイプ商品を選ぶのも20代の保険選びの選択肢の一つとしてありかもしれません。

ライフステージに合わせる

自分のライフステージに合わせて保険選びを考えてみるのもひとつです。

以下のような基準で考えていただくと、現在の状況(ライフステージ)がわかりやすいかもしれません。

  • 独身なのか
  • 結婚しているのか
  • お子様がいるのか
  • 住宅ローンは?
  • 何かあったときの貯蓄はあるか

自分は、どの部分が必要なのか、考えてみましょう。それから初めて、どの保険が必要なのか判断をします。

20代で加入するか検討すべき他の保険は?

就業不能保険

20代であればほとんどの方は仕事をされているでしょう。
しかし、大きな病気で体を壊したり鬱病などの精神疾患で仕事を長期で休まなければならなくなった方を最近よく見受けます。

この場合、独身でも結婚されていても関係なく、その後の生活に大きく関わってきます。

そのために「就業不能保険」といったものがあります。これは、一定の条件で仕事を長期で休まなくてはならなくなった場合に毎月一定金額を保障するというもので、CMでもよく見られるようになりました。

個人年金保険

20代の方でも将来に向けての積立に関心が高い方も多く、個人年金を希望される方もよく見られます。しかし超低金利の影響で、保険会社も年金商品を販売停止しているところも増えてきましたが、ドル建ての年金保険なども最近は販売されています。

保険ではなく貯蓄で賄う場合の注意点

お客様の中には、「保険なんか入らなくても、貯蓄すれば良いでしょ?」と言われる方もいます。

確かに万一の時や働けなくなった時でも問題ないだけの貯蓄がある方は、保険に入る必要はないかもしれませんが、20代の多くの方は、まだまだ、大きな金額を持たれている方は少ないかもしれません。

貯蓄をしながら保険を賢く活用することも考えましょう。

まとめ

若い方に限らず、保険についての印象で多いのは「面倒くさい」・「よくわからない」・「無駄に感じる」という方は多いのではないでしょうか。

しかし、少し立ち止まって考えてみてください。持っている印象を変えてくれる信頼のおけるファイナンシャルプランナーにご相談いただければ、役に立つということがきっとわかってもらえるはずです。

執筆者

武宮 英樹(ファイナンシャルプランナー)

1994年大学卒業後、医療機器商社へ入社。開業コンサルタントとして、ドクター・薬剤師の方々の独立支援に一貫して従事。13年間、そこで培った医療法人の経営、医療関連の知識、そして長きに渡る実父母の介護、様々な経験より、ファイナンシャルプランナーへの道へ導かれる。2007年、外資系生命保険会社に転職。更に飛躍すべく2014年より現職へ。「知っているのと知らないのとでは大違い」を合言葉に、「リスクマネジメント」と「資産形成の必要性」を一人でも多くのクライアントへ伝えることをモットーとしている。
■保持資格:トータル・ライフ・コンサルタント
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。