出産費用は保険適用になる? 準備しておくべき保険は?

医療保険

お子様の誕生はご家族にとって大きなイベントの一つです。

妊娠中には体調面を考慮しながら家事や仕事をする中で、出産費用についても考えないといけません。

今では出産方法や出産場所が多岐にわたり、場合によっては出産費用も高額になってきています。

高額になった場合に備えて、出産費用は保険適用となるのか、どんな保険を準備しておけば良いのか解説します。

出産にかかる費用はいくら?

出産は、正常分娩で予定していても、緊急で帝王切開術での出産となったり、最初から最後まで予定の通りとは、ならないこともあります。

出産する場所についても、個人病院と考えていても予期せぬことで周産期連携病院になるということもあります。

出産費用は、どの方法でどの場所で出産するかによっても異なりますが、ここではお子様を出産されるまでの費用について、一般的な費用を見てみましょう。

健診費用

妊婦さんの検査の内容によっても変わりますが、胎嚢確認、エコー検査、頸管チェックなどの検査の時は多めに費用も掛かりますし、病院によっては土曜日の健診ですと割増料金の負担が生じることもあります。

一時期話題になりました妊婦加算もあります。
健診は厚生労働省より定められた回数で計14回ほど受診することになりますので、10万円~20万円くらいになります。

ただ健診費用については、役所に「妊娠届」を提出すると、お住まいの自治体から母子手帳と一緒に「妊婦健診補助券」が配布され、補助券の使用により健診費用の一部を負担してくれます。

出産準備費用

お子様の出産に向けて統計には含まれていない費用として、マタニティ用品やベビー用品など出産準備費用です。

・妊婦さんの体型の変化にフィットするサイズのマタニティウェアや下着、骨盤ベルト、サプリメントなどのマタニティ用品
・ベビーウェア、おむつ、哺乳瓶、ベビー布団・ベッド、ベビーバス、チャイルドシート、ベビーカーや抱っこ紐など

病院に支払う費用とは別にこれらの購入費用は出産準備費用として計算しましょう。

出産費用

いよいよ出産間近になり病院などに入院してから退院するまでに掛かる費用です。
出産前に病院・診療所・助産院に支払った費用の平均を都道府県別に見ると、

一番高いのが、東京都 621,814円
一番低いのが、鳥取県 396,331円
(公益社団法人 国民健康保険中央会 「正常分娩分の平均的な出産費用について(平成28年度)」)

となっていています。

また、帝王切開や無痛分娩、時間外・深夜・休日加算(分娩時・硬膜外麻酔)、個室費用、延泊費など出産の状況や出産する場所で費用は異なります。

出産費用は保険適用となるの?

お子様の誕生まで思っていたよりも費用が掛かると思われたかもしれません。
妊娠~出産~退院まで合計するとそれなりの費用となります。

「でも病院で出産するなら健康保険証があれば3割負担で済まないですか?」という質問がよくあります。
これらの費用がお持ちの保険証でどのように負担額が変わるのかチェックしましょう。

公的健康保険は保険適用外

正常分娩の場合、公的健康保険は保険適用外となるため全額自己負担となります。
ただ、出産育児一時金(42万円、双子は84万円)が加入している健康保険から給付されますので病院での負担の補てんとなります。

合併症や帝王切開の場合は公的医療保険が適用となる
合併症による切迫早産や逆子による帝王切開術などの異常分娩で出産の場合、手術料、投薬料、診察料、入院料などが医療行為とされているため、健康保険が一部適用(3割負担)されます。(異常分娩分が医療行為ですので全ての負担が3割というわけではありません。)

ただ、異常分娩(帝王切開など)で健康保険が適用される場合でも出産育児一時金は給付されますし、医療費が高額になると高額療養費制度の給付対象になる可能性があります。

任意の医療保険なら支給される

民間保険会社の医療保険に加入されている場合、合併症や帝王切開術など異常分娩による出産の際、入院給付金や手術給付金の支払対象となります。

また、女性疾病特約の対象にもなっていますので特約を付加している場合には入院日額や手術給付金の給付金額も上乗せされます。

加入した際に、妊娠中だったり既往症などにより子宮に部位不担保などの条件が付いていると給付金が支払われませんのでご自身の医療保険の内容を確認しましょう。

妊娠中の医療保険加入の条件

妊娠中や不妊治療中に医療保険に加入しようとしてもほとんどの保険会社で子宮に部位不担保という条件が付いてしまいます。

妊娠中に医療保険に加入出来ても合併症や帝王切開の際の出産費用については保障されないケースがほとんどです。

異常分娩の妊娠中の医療保険加入については、こちらも参考にしていただければと思います。
https://hokenpedia.jp/wp/iryouhoken/iryou-ninshin/

まとめ

出産育児一時金や健診の補助など負担を軽減してくれる制度もあるので「出産費用は想像よりかからないから安心。」というような意見もありますが、あくまで予定通り出産した場合の医療費の話です。

妊娠してから出産まで予定通りにいくとは限りません。通常分娩の予定だったのに帝王切開になったり、無痛分娩の予定だったのに帝王切開になったりとなかなか計画通りにはいかないものです。

さらには、合併症などにより希望していた病院で入院・出産できないなんてこともあります。

予定通りにいかない場合には医療費も予定していたよりも出産準備費用が多くなります。

あらかじめ預貯金や医療保険などで準備しておくことも重要です。

家族にとって大事な瞬間ですので、費用の心配することないよう、妊活前、妊娠前に出産に備えた医療保険を検討するのも良いかもしれません。

執筆者

平林 陽介(ファイナンシャルプランナー)

東京都出身。2000年に大学卒業後、専門商社に入社。その後外資系生命保険会社を経て現在。掲載記事においては、自身の経験や顧客に寄り添う姿勢や顧客目線のアドバイスが特徴的。通常の相談業務においても、顧客の将来に渡っての経済的保障と生活の安定を図ることを優先している。質の高いサービスと好評である。幅広い世代での相談を受けており、豊富な経験から相談結果に対する顧客満足度も高い。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。