妊娠中でも保険に入れるの?

医療保険

妊娠・出産は人生で大きなライフイベントの一つで喜びも大きいですが、その反面、体調面や費用面で不安なことが多いのも事実です。そこで、妊娠・出産時の病気やトラブルを保障してくれる保険はあるのか?と疑問に思っている方に向けて、妊娠時でも加入できる保険について解説させていただきます。

妊娠中に保険に入ることはできる?

『妊娠中に保険に入ることはできる?』という質問に対する答えは『Yes』でしょうか。

その人の病歴や健康状態もあるので100%ではありませんが、『妊娠中だからと言って保険に入れない!』ということはありません。

妊娠中であっても多くの保険会社で死亡保険やガン保険は問題なく加入することができます。

しかし医療保険については『妊娠何週目までは加入できる』という保険会社がほとんどで妊娠の経過によっては医療保険の加入が出来ないということもあります。

また妊娠中に医療保険に加入する場合には基本的に『子宮部位に対して不担保』や『出産にかかわる疾病の不担保』という条件付きの契約になります。

このような条件付きでの契約となりますとせっかく医療保険に加入したのに、例えば【帝王切開術にて出産した場合に手術給付金などの給付を受けられない】ことになってしまいます。

引き受けの条件は保険会社により異なりますので加入する際は注意が必要です。

『妊娠中でも加入できる保険!』という言葉は嘘ではありませんが、保険に加入できても自身が必要としている時に保険金が支払われなければ意味がありません。

妊娠時に保険に加入する必要性

妊娠中の保険加入を検討している方の多くは、死亡保険やガン保険ではなく医療保険の加入により出産費用の負担の保障を必要としているのではないでしょうか?

ただ、医療保険の場合、『通常分娩に対しては医療保険の給付は対象外』となります。

医療保険は、あくまで異常妊娠や異常分娩の場合の保障となるので混同しないことが大事です。

対象となる異常分娩は、鉗子分娩・吸引分娩・帝王切開・多胎分娩などのことで公的な医療保険の適用となった分娩のことを言います。

医療保険では通常分娩での保障は対象外とはいえ出産するまでにはさまざまなリスクがあります。

妊娠中のリスク

妊娠中には、主に切迫流産や切迫早産をはじめ妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群など異常妊娠による入院・手術の可能性があります。

このような場合には、給付金の対象となります。

帝王切開の場合

帝王切開術の場合、異常分娩にあたり入院給付金や手術給付金の支払い対象となります。

加入中の医療保険がありましたら手術給付金の金額などの確認も必要です。

手術給付金は保険会社によって金額はさまざまです。

また、女性疾病特約の対象にもなっていますので特約を付加している場合には入院日額の給付金額も上乗せされます。

自然分娩の場合

自然分娩後に、出産後の貧血や異常出血によって予定していた入院予定日よりも延長になり治療を行う場合には、給付金の対象となるケースもあります。

よくあるケースとしては『通常分娩で出産したが、出産後に出血があり入院を延長して治療したが給付金の請求をしていない』ということもあります。

もし請求漏れがありそうでしたら確認が必要です。

2回目の出産のときはどうなる?

一度帝王切開術を経験していると、次の出産もほぼ帝王切開術になるケースが多いようです。

例えば、1回目の出産で帝王切開術にて給付を受け、そのまま保険を継続して同じ保険で2回目の出産でも帝王切開術を受けた場合は、給付の対象となります。

帝王切開術を受けた後に加入した医療保険の場合、不担保条件が付いているケースも多くあり、2回目の出産で帝王切開術を受けても保障の対象とならないケースもあります。

出産したからといって解約するのではなく今後のライフイベントに備えて準備しておくことも必要ですし、保険の見直しをする時にも要注意です。

まとめ

妊娠~出産は喜びにあふれるライフイベントではありますが、出産に至るまでさまざまなことがあります。

『出産育児一時金と高額療養費制度があるから医療保険は必要ない。』という話も聞きますが、出産費用は無痛分娩、帝王切開、LDRなど出産方法や出産する病院によっても異なります。

特に個室代が高額になるような病院で出産される場合には入院の延長などによる予定外の出費により家計への負担増にも備えたいところです。

このようなに、経済的な負担を軽減するためにも医療保険の役割は欠かせません

医療保険は妊娠中だけでなく他の疾病や災害による治療も保障してくれる商品です。

過去に病歴があったり、不妊治療中や加入時の健康状態によって自身が希望する商品に加入出来ないということもあります。

今回のテーマのように出産に向けて医療保険の加入を検討中であれば『妊娠したから保険に入ろう!』ではなく、妊娠前に数ある商品の中からご自身に合った医療保険を選ぶことが望ましいと思います。

加入の可否についてはさまざまな意見がありますが、リスクについては皆さん平等ではありません。

『必要である』『必要でない』 とは断定できません。

安心して生活するためにも自身のライフステージにどのような不安があるのか担当者に相談しながら検討するのが良いでしょう。

執筆者

平林 陽介(ファイナンシャルプランナー)

東京都出身。2000年に大学卒業後、専門商社に入社。その後外資系生命保険会社を経て現在。掲載記事においては、自身の経験や顧客に寄り添う姿勢や顧客目線のアドバイスが特徴的。通常の相談業務においても、顧客の将来に渡っての経済的保障と生活の安定を図ることを優先している。質の高いサービスと好評である。幅広い世代での相談を受けており、豊富な経験から相談結果に対する顧客満足度も高い。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。