がん保険の待期期間とは? 待ち期間の目安と注意点

がん保険

がん保険には死亡保険や医療保険とは異なり、保険契約してから保障がスタートするまでの待期期間(待ち期間)というものがあります。

「加入したら保障されると思っていたのに・・・」「保険に加入しても保障されない期間があるなんて・・・」と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

がん保険に加入しようと考えている方、加入中のがん保険を見直そうと考えている方、ここではがん保険契約後の待期期間(待ち期間)の目安や注意点を確認していきましょう。

一般的にこの「待ち期間」については、「待機期間」ではなく「待期期間」と表現します。

がん保険の待期期間(待ち期間)の概要

保険会社のがん保険のパンフレットや約款を見ると『給付金のお支払いは、責任開始期以後に初めてがんと診断確定された場合に限ります。』と記載されています。

この責任開始期という言葉が重要で、保険契約者が保険料を支払うことに対する保険会社が負う支払義務のスタートのことです。

保険契約後から保障の開始までの期間を待期期間(待ち期間)と言います。

待期期間(待ち期間)とは?

では、がん保険の待期期間(待ち期間)はどのくらいの期間なのでしょう?

多くのがん保険で「責任開始期は保険期間の始期からその日を含めて90日を経過した日の翌日とする」とされています。

加入したがん保険の保障のスタートは、保険契約の手続きの日から91日目からということになります。

待期期間(待ち期間)が設けられている理由

なぜがん保険には待期期間(待ち期間)があるのでしょうか?

なぜなら、何かしらの自覚症状がありそこで「自分はもしかしてがんなのかな?」と考えて、病院に行く前に、先にがん保険に加入しよう、そのようなことができてしまうわけです。

病院へ行く前でしたら、がん保険に加入する際に記入する告知書の告知項目にあてはまらないのです。

もし、このような人ががんと診断され加入したばかりのがん保険から給付金が支払われてしまうと、自覚症状がなく加入した人と比べて不公平になってしまいますので90日間の待期期間(待ち期間)があるわけです。

これは保険の公平性を保つために設けられていると理解するのが良いでしょう。

待期期間(待ち期間)がないがん保険もある

現在発売されているがん保険の中には待期期間(待ち期間)がないがん保険を発売している保険会社もあります。

これらのがん保険の特徴としては、
・診断一時金(例、がんと診断された場合に100万円給付される)が保障されていない
・がんでの入院や放射線治療には待期期間(待ち期間)がないが、診断一時金だけに待期期間(待ち期間)が設定されている。
という内容の商品です。

または、がん保険ではありませんが、特定疾病保障保険(悪性新生物の診断一時金を保障しています)の給付には、特定の部位に待期期間(待ち期間)を設定している会社もあります。

たとえば「90日以内に診断確定された乳がん」というような設定をしています。

早くがんに対しての保障を開始したい方は、待期期間(待ち期間)のないがん保険を検討されても良いかもしれません。

がん保険の待期期間(待ち期間)の目安

多くのがん保険では待期期間(待ち期間)は90日(もしくは3か月)で設定されています。

例えば、自覚症状が出てすぐにがん保険に加入し、90日間病院へ行かず、経過後に病院に行きでがんと診断された場合は、がん保険から給付される可能性があります。(加入後、短期間での給付金の支払いについて保険会社による調査が入ることもあります。)

保険会社もこのようなことがないように、これ以上待期期間(待ち期間)を長くしてしまうと、普通に自覚症状がない人が加入してもしばらく保障されなくなってしまいますので、それはそれで保障としてどうなのかという問題になります。

このようなことから今のがん保険の待期期間(待ち期間)は一般的に90日となっています。

がん保険の見直しをする際の注意点

前述しましたように新しく契約したがん保険には待期期間(待ち期間)があります。

加入中のがん保険を見直して新しくがん保険に加入する際の注意点として、解約予定のがん保険を解約するタイミングに気を付けましょう。

保障の空白期間を作らないようにする

新しいがん保険に加入後、すぐに加入中の保険を解約されてしまうと保障のスタートまで90日間の空白期間が出来ます。

90日間の待期期間(待ち期間)中に万が一がんと診断されてしまった場合、それまで支払った保険料は返還され、その新しい契約はなかったこと(無効)になってしまうことが多いです。

90日経過するまでに加入していたがん保険を解約してしまうと、がんになって給付金が支払われないだけでなく両方のがん保険を失ってしまう可能性もあるのです。

「90日間分の保険料がもったいない!」と思われるかもしれませんが、万が一の際に安心を得るために加入した保険です。

その空白期間を不安で過ごすことのないよう割り切って解約は90日待つのが安全ではないでしょうか。

待期期間(待ち期間)なしのがん保険は診断給付金がない?

空白期間を作らないためには、待期期間(待ち期間)がないがん保険に加入するという方法もあります。

ただ、がん保険には最大の特徴として、がんと診断された場合に給付される診断給付金が挙げられます。

がん保険の診断給付金の給付額は数百万円を保障していて再発の際も回数無制限で保障する商品もあり、がん保険の代表的な保障の一つとなっています。

診断給付金は、契約者が支払う保険料に対して大きな給付の額となりますので、保険会社もリスクを回避することもあり待期期間(待ち期間)なしのがん保険には、診断給付金がない場合が多いです。

まとめ

今回はがん保険の待期期間(待ち期間)についてご説明させていただきました。

保険にはこのように保険金や給付金が支払われない免責となる条件(免責事由)が商品ごとにまだまだあります。

通信販売やインターネット契約などでは、契約時にこのような重要な事項を数ページある冊子やパソコンやスマートフォンの画面で読んで確認するのはまだまだ困難です。

もちろん、契約者が理解しやすいように様々な工夫はされていますが、なかなか容易ではありません。

保障内容や保険料ももちろん大切ですが、どのような場合に保険金や給付金が支払われるのかという保険加入の目的である「支払いに該当する条件」を理解しておくことも保険契約をする上で重要なプロセスの一つです。

自分自身のため、大切な家族のために加入する保険です。

いざ保険金を請求したときに、給付金が支払われず困ってしまうことがないように、加入しようとする保険の保障内容については、契約前に必ずしっかりと確認するようにしましょう。

執筆者

平林 陽介(ファイナンシャルプランナー)

東京都出身。2000年に大学卒業後、専門商社に入社。その後外資系生命保険会社を経て現在。掲載記事においては、自身の経験や顧客に寄り添う姿勢や顧客目線のアドバイスが特徴的。通常の相談業務においても、顧客の将来に渡っての経済的保障と生活の安定を図ることを優先している。質の高いサービスと好評である。幅広い世代での相談を受けており、豊富な経験から相談結果に対する顧客満足度も高い。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。