学資保険の金額はいくらにすべき? 保険料や満期保険金の平均額は?

学資保険

お子さんが生まれたら、学資保険に入ろうと考える方は多いでしょう。

ご両親から入りなさいと言われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

学資保険に入る目的はなにか、月々支払う保険料や満期に受け取れる金額はどれくらいに設定すれば良いか。

一緒に考えていきましょう。

子供の教育費にかかる金額

まずは、お子さんの教育にはどれぐらいのお金がかかるのかを把握しましょう。

幼稚園から高校までがすべて公立の場合

文部科学省が2年に一度行っている「子供の学習費調査」という調査があります。

幼稚園入園から高校卒業までの15年間にかかる教育費についてアンケートしてデータ化しています。

授業料や教材費、修学旅行など学校にかかる費用をまとめた「学校教育費」、「学校給食費」、スポーツや習字などの習い事や塾などにかかる費用をまとめた「学校外活動費」の3つを合計した数字が示されています。

幼稚園から大学までの学習費(自宅通学の場合)

区分学習費
幼稚園公立701,841円
私立1,447,176円
小学校公立1,933,860円
私立9,169,422円
中学校公立1,435,662円
私立3,980,799円
高等学校公立1,352,586円
私立3,120,504円
大学国立3,210,700円
私立文系4,648,298円
私立理系6,004,136円
私立医歯系22,742,376円
専門学校3,236,000円

※【専門学校】3,236,000円(初年度納付金572,000円・在学費用(1年)1,332,000円)
※文部科学省の調査(「文部科学省 平成28年度子供の学習費調査の結果について」)より筆者が作成。
すべて公立に通った場合は約542万円ですが、幼稚園と高校だけが私立の場合は約794万円かかります。すべて私立となる約1772万円で、すべて公立のケースと比べるとおよそ3.3倍の費用がかかることが分かります。

国公立大学に通学する場合

次に大学にかかる費用です。国立大学については文部科学省令により、大学や学部を問わず入学金と授業料が統一されており、入学金が282,000円、年間の授業料が535,800円となっています。

ただし、夜間学部である場合や例えば東京藝術大学ように上記の金額と異なる場合もありますので注意しましょう。

公立大学の場合は、概ね国立大学の入学金・授業料に準じた金額となっています。

私立大学に通学する場合

私立大学の場合は、学校や学部間で金額が大きく異なります。

一例として、慶應義塾大学の学費を見てみましょう(図表2参照)。一般的には文系よりも理系の方が高く、薬学部・医学部は更に高額になります。

トータルでかかる教育費を見てみると、幼稚園、高校、大学が私立で、大学の学部は文系だった場合は、トータルで1260万円ほどかかるという計算になります(790万+133万+113万x 3)。

【図表2】慶應義塾大学の入学金・授業料など(2019年度)

(単位:円)

*慶應義塾ホームページの情報をもとに作成。一部の学部は掲載していません

なお、お子さまが下宿をする場合には、家賃や生活費なども別途必要になるので注意です。

学資保険に加入する目的とは?

では、学資保険に加入する目的はなんでしょうか。貯蓄の場合と比較して考えてみましょう。

教育費を日常の家計と別に管理する

教育費は、必要な時に不足しては困ります。生活口座とは別に管理し、必要な時に必要な金額を準備できる仕組みになることが学資保険の強みです。

リターン増が期待できる

最近の運用環境の悪化で、保険会社も大きなリターンを提供することは難しくなっています。しかし、それでも支払った保険料よりも大きなリターンがある商品もあります。

保障機能がある

契約者である親が死亡した場合、その後の保険料の支払いは不要となります。契約時に約束した時期に保険金が支払われるという保障機能もあり、この点が最大の強みでしょう。

一方で弱点もあります。途中で解約した場合は、戻ってくる金額は少なくなります。また、約束された時期にならないと保険金が払われませんので、途中で資金が必要になった時の流動性は低いという弱みがあります。

保険料や満期保険金の平均額

学資保険の平均保険料、そして満期保険金として受け取れる金額はいくらぐらいに設定されているのでしょうか。

保険料の平均額

学資保険の保険料や満期保険金について、平均が分かるような明確なデータはありません。

参考としてソニー生命が行った「子どもの教育資金に関する調査2019」の中に、「子どもの進学費用のための備えとして、月々いくらくらい支出をしているか」という質問があります。

平均として親は毎月17,474円支出しているというデータが示されています。

満期保険金の平均額

私のお客様では、200万円程度を満期保険金として設定している方が多いように思います。

最近では運用環境が悪いため、保険料の支払期間を10年などと短くしつつ、その後大学受験前までに満期保険金が200万円程となるよう設定し加入するケースが良くあります。

支払期間を短くすると、その分月々の支払額は大きくなりますが、長い期間をかけて支払うよりも返戻率が高くなるメリットがあります。

また、比較的支出の少ない小学生の間に支払いを終えられるということも安心感がありますね。

保険料や満期保険金を決めるポイント

それでは、学資保険の保険料や満期保険金はどのように決めたらよいのでしょうか。

貯蓄と合わせて考える

将来に備えて貯蓄をされている方は多いかと思います。

家を買うための頭金、海外旅行へ行くための資金など、ご家族の将来や楽しみを考えての貯蓄することはとても大切ですね。

そうしたバランスの中で、どの程度のお金を教育に回せるのかを考えることが一つのポイントです。

将来の家計をシミュレーションして決める

私がお勧めするのは、ご家族のライフプランから考えることです。

ご家族の希望や夢についてしっかりとビジョンを描き、大切にしたいこと、実現したいことの優先順位を明らかにしていきます。

その結果として、将来必要となる資金を逆算して考えていくのです。教育資金の他にも、たくさんの大切な資金準備があると思います。

それらも含めて、準備するためにはライフプランで全体像を考えることはとても大切だと思います。

学資保険選びのポイント

最後に、学資保険を選ぶ際のポイントについてお伝えします。

必要な金額を基準に選ぶ

すべての教育資金を保険で用意するということはあり得ません。

毎月の将来的に必要な金額はどれぐらいなのか、そしてその時期はいつ頃なのかを明確にしたうえで、最適なプランを考えましょう。

返戻率の高さを重視する

当然のことながらリターンが大きい商品を選択したいのですが、現在では大きなリターンを期待するのは難しい状況です。しかし、

・保険料の払込期間を短くすること
・保険金の受け取り方を考えること

などでリターンの率を良くすることも可能です。この辺りはプロの意見も聞きながら考えてみたいですね。

特約は厳選する

学資保険の中には、養育年金や子どもの入院時の医療保障などが特約として付いているものもあります。

この場合、特約部分には貯蓄性がない場合が多いため、学資金や満期保険金の返戻率は低下する可能性に留意しましょう。

そうした特約が必要である場合は付加しても良いですが、純粋に教育資金を貯めたいという場合には不要となりますので、契約内容をしっかりと確認して加入しましょう。

まとめ

以上、教育費の実態を確認しながら、学資保険の特徴や選び方のポイントについて書いてきました。

学資保険にも強みと弱みがあります。保険は長期にわたる契約であり、途中で止めるとデメリットもあるものです。

必要な金額や受け取りたい時期をしっかりと考えて、適切な方法を選びたいものですね。

執筆者

速水 秀樹(ファイナンシャルプランナー)

1996年大学卒業後、繊維・化学メーカーに就職。ライフサイエンス関係の商品を海外展開する職務に従事。その頃「将来は海外での生活」を夢見るが、実母と祖母のダブル介護に直面し、サラリーマン生活に終止符。この時大きな人生の岐路に立ち、ライフプランニングと出会う。その重要性に気付き、自身がファイナンシャルプランナーへ。介護の経験、豊富な知識を生かし「お客様に誠実に寄り添い、本当の声を聴く」をモットーに活動中である。学生時代から登山が趣味。山登りで学ぶ先を読む力が、相談業務にも生かされている。執筆は、介護に関する記事も。
■保持資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士AFP資格
この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。