学資保険の加入時期はいつからがベスト?

学資保険

小さいお子様をお持ちのお客様で今も昔も相談が多いのが「学資保険」です。「子どもが生まれたら学資保険に入らなきゃ」とご両親ばかりでなくお孫さんが生まれたおじいちゃんおばあちゃんまでよくご相談に来られます。しかし、どのようなものにどのタイミングで加入するのが良いのかなど知る必要があります。ということで、今日は学資保険について考えていきましょう。

そもそも学資保険とは?

ご相談に来られる方に、私は初めに次の2点を確認して理解してもらうようにしています。

将来のお子様の進学のためにお金を貯めていく

「銀行に貯めてもなかなか増えないから」学資保険に入りたいと言われる方も多いですが、定期預金や積立預金よりもかなり利率が高いのが学資保険の一番の特徴です。

支払った保険料の総額よりどれだけ多く受け取れるかがポイントになってきます。

満期を迎える前に大黒柱に何かあった場合の保険

学資保険のもう一つの大きな特徴として、満期前に一家の大黒柱に万が一のことがあった場合には、それ以後の保険料を払わずに保険の効力は失われず学資金を受け取ることができるということがあります。

「進学のためのお金を貯める」だけの目的であれば他の方法でも構いませんが、保険としての機能を持つことで「学資保険」の優位性が必然的に高まるわけです。

しかし、支払った保険料を元本割れしたのでは、本来の目的から外れてしまうため、貯蓄と保険のバランスを考える必要があります。

学資保険が選ばれる理由

つまり、
「進学のためのお金を有利に貯める」
「お子様が進学する前に大黒柱に何かあった場合に備える」
これら2つの機能を併せて持っているからこそ、「お子様が生まれたら学資保険が必要だ」と選ばれているのです。

加入は早い方がいい?

加入時期はいつが適切でしょうか。

考えなければならない点がいくつかあります。

どのような点をチェックすべきか見ていきましょう。

親子の年齢が若いほうが有利

満期金の設定をいつにするかによって保険料は変わってきますが、お子様が小さいうち=親御さんがお若いうちに加入するのが保険料的にも返戻率的にも有利です。

お子様があまり大きいと、保険料が高くなるうえに返戻率も悪くなって元本割れすることになります。

またお子様が0歳でも親御さんの年齢によってはやはり加入できない商品もあります。

保険だけでなくあらゆることでも言えることですが、様々な人生のイベントが起こるときには面倒がらずに行動することが大事ですね。

妊娠中でも加入できる

しかし、お子様が生まれるとお母様は育児でヘトヘトだし、お父様もお仕事しながら奥様を支えなければならず、とても生まれてすぐ学資保険について調べる余裕はないというのが現状だと思います。

私のところには出産まで間がある方や、里帰り出産をされる前にご相談に来られる方も多いです。

当然妊娠中ですが、学資保険の場合は加入できます。

むしろこのタイミングの方が落ち着いてお話も聞けますので、今これをご覧になっている妊娠中の方はプランナーに一度ご相談されてください。

子の年齢によっては加入できない

逆に学資保険の特徴として、お子様があまり大きくなってしまうと加入できなくなってしまいます。

条件は保険会社ごとの商品によって差がありますが、小学校入学前までが一般的です。

また、0歳であればより有利な返戻率の商品に加入できたのに、それ以上だと加入できないという商品もあります。

給付のタイミング

大学入学に合わせて

大学進学時にかかる費用が一番多くなります。

さらに国立系か私立系かでかなり変わってきますので、この時期に合わせて考えられる方が多いです。

成長にあわせてこまめに

中学・高校でも私立であればある程度まとまった費用が必要になります。

したがって、小学校・中学校・高校・大学それぞれの入学のタイミングで受け取りたいと考えられる親御さんもいらっしゃいます。

選ぶときのポイント

では、学資保険に加入する際に具体的にどのようなポイントを考慮しなければならないのでしょうか。

次を見てみましょう。

返戻率

支払った保険料に対してどれだけ戻って来るかが最も注目されるポイントで、皆さんも一番気にされるところです。

保険会社もこの点をアピールして、ネット広告やパンフレットにも自社の返戻率の高さを謳っています。

このポイントは当然気にしなければならないことですが、ここだけに気をとられているとせっかくの学資保険のメリットを十分に受けられなくなることもあります。

種類

現在、低金利の影響で学資保険を販売している保険会社数は減少傾向にありますが、その種類は多岐にわたっています。

それぞれメリット・デメリットがありますので、何を求めているのか考える必要があります。

円建てと外貨建て

生命保険では外貨建ての保険は珍しくありませんが、学資保険でも外貨建て商品があります。

円建てよりも外貨建ての方が高利率のためですが、数はそれほど多くありません。

しかし高い返戻率の反面為替レートの変動によっては返戻率が悪くなってしまうので、注意しなければなりません。

一方円建て商品でも、加入時の年齢によっては元本割れすることもあります。

貯蓄重視と保障重視

学資保険には貯蓄性を重視される場合がほとんどですが、より高い保障性を持たせるためタイプの商品もあります。

しかし保障性をあまり重視すると返戻率が悪くなり、ほぼ元本割れすることになります。

満期の時期

満期の時期としては、お子様の年齢で15・17・18・20・22歳時に満期のものがあります。

一般的には大学入学前の17・18歳で設定する場合が多いですが、大学在学中に毎年受け取るものもあります。

祝金の有無

大学入学するまでの幼稚園入園や小学・中学・高校入学時に祝金を受け取るタイプのものです。保険料が高くなりますので、

支出バランスを考える必要があります。

保障内容

学資保険には、満期前に契約者に万一があった場合、それ以後の保険料を払わずに満期金や祝金が受け取ることができる機能が付いています。

更に契約者の死亡後、満期までの間生活費として養育年金の機能を持たせたものや、お子様の医療保障がついたものもあります。

しかし、保障性を高くすると貯蓄性が悪くなってしまうため、バランスをよく考えなければなりません。

保険料

学資保険は当然ながら「保険」ですので、単純な貯蓄とは違います。
どう違うかというと、満期保険金と同額の死亡保険金があるということです。

学資保険に加入する際の注意点

ではどういった点に注意すべきかお話ししたいと思います。

  • 返戻率;支払総額よりも受取金額の方が多ければ、返戻率100%を超えることになります。上記のような機能が付いた上に返戻率が100%を超えればメリットは大きいのではないでしょうか。
  • 受け取る時期;お子様が何歳のころに満期金(祝金)を受け取るようにするかも考える必要があります。例えば満期が22歳のものに加入したのに高校卒業後2年制の専門学校に進学した場合には中途解約となり、かえって元本割れするリスクがありますので、受け取る時期を注意しましょう。
  • 保険料;10年以上の長期間保険料を払うことになるため、家計に負担にならないような金額設定をする必要があります。支払いが困難になってしまい中途解約をすることになれば、元本割れしてしまう可能性があります。
  • 商品によっては元本割れする

    以前は元本割れなど考えられなかった学資保険も、現在の超低金利の影響で元本割れするものが増えています。

    しかし学資保険のニーズは高く、それに代わる商品の問い合わせも多くなっています。

    家計の状況に合わせて払込期間を決める必要がある

    保険料の払込期間が長ければ月々の保険料も低く抑えられます。しかし必要とする時期がある程度限定されますので、それも踏まえて期間を設定する必要があります。

    学資保険のみで全ての教育費を準備できるわけではない

    そもそも学費にどれくらい必要かですが、オール国公立でも約1,000万円、オール私立では2,500~2,700万円になるというデータがあります。

    (文部科学省「子供の学習費調査」平成26年度)(日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」平成31年3月)

    これだけの金額をすべて学資保険で準備するためには月々の保険料も非常に高額になってしまいますのであまり現実的ではないかもしれません。

    代わりに生命保険に加入することもできる

    最近では学資保険に代わるものについてのお問い合わせが増えています。この場合生命保険をうまく活用することで万が一の時の保障と貯蓄性を両立させる方法も多くなりました。

    まとめ

    ここまで学資保険についてお話ししました。

    子様の将来を考えない親御さんはいませんので、学資保険に興味を持たれる方が多いことは当然です。

    しかし、お子様の将来はもちろん皆さんの将来の為にも考えるべきことはたくさんありますので、如何にお金を有利に貯めていくか、もっと多くのことを是非知ってほしいと思います。

    「知っているのと知らないのとでは大違い」

    皆さんの将来への希望が拓ける一助になれば幸いです。

    執筆者

    武宮 英樹(ファイナンシャルプランナー)

    1994年大学卒業後、医療機器商社へ入社。開業コンサルタントとして、ドクター・薬剤師の方々の独立支援に一貫して従事。13年間、そこで培った医療法人の経営、医療関連の知識、そして長きに渡る実父母の介護、様々な経験より、ファイナンシャルプランナーへの道へ導かれる。2007年、外資系生命保険会社に転職。更に飛躍すべく2014年より現職へ。「知っているのと知らないのとでは大違い」を合言葉に、「リスクマネジメント」と「資産形成の必要性」を一人でも多くのクライアントへ伝えることをモットーとしている。
    ■保持資格:トータル・ライフ・コンサルタント
    この執筆者の記事一覧
プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。