徹底解説! 学資保険とは

学資保険

小さなお子様のいる家庭、また新しくお子様が生まれた家庭では、お子様の未来について、また将来の教育費用について思いをはせ、わくわくしたり、また悩んだりされている事と思います。今回はその中でもまず頭に浮かぶ費用準備の一助となる「学資保険」についてお話してみたいと思います。

学資保険とは

お子様の教育資金の確保を主たる目的としてご加入する保険のことを言います。

基本的な保障については一般の生命保険とよく似ています。

定額の保険料を積み立てていき、将来の教育資金の確保となる給付金・満期金や一時金の確保を目的としているものです。(内容によってはお子様の医療保障などが含まれているものもございます。)

学資保険の目的

当然ながら主目的は、将来の教育費用に充当する貯蓄が大きな目的です。

一番大きな費用が発生する時期に合わせて、言い換えれば、お子様の大学進学時にターゲットを絞った期間設定などが可能であることがポイントです。

ここで重要なのは、費用としてどれくらい必要なのかをまず知っておくことです。

ゴールが見えないものに向かって走るということはとても困難ですからね。

まずは目的地・ゴールを明確にしましょう。

例えば先述した大学進学時期の費用準備がゴールの場合、現在であれば、私大の入学試験の受験料で約4万円~程必要となります。

4校受験するだけで16万円、県外や離れた地域の大学を受験する場合、交通費や宿泊費も必要となります。

首都圏や近畿圏にお住まいの方はあまりイメージが湧かないかもしれませんが、地方の方にとっては大きな負担です。

それから入学金や授業料など(1年目100~150万円程度)、ざっくり200万円弱が目標金額になります。

学資保険の保障内容

では学資保険、どのような保障なのでしょうか。

これ、意外とご存じない方が多いので今一度ご説明したいと思います。

当然ながら進学時、あるいは入学時に合わせて一時金や給付金を受け取ることができることは言うまでもありませんが、ご契約者(お父様かお母様)が亡くなられたり、高度障害状態等のような不測の事態が生じたとき、以降の保険料払い込みが免除され、受け取るべき給付金は、当初の設定どおり保険会社より支払われます。

これが一般の貯蓄との大きな違いです。

先ほど学資保険の主目的として将来の費用に対する貯蓄とお伝えしましたが、このような状況でも目的を達成することが保障されている点は大きなポイントです。

また学資保険の種類においてはお子様の保障も一緒に含んでいる場合もございます。その点については後述してまいります。

貯蓄型

まずは貯蓄型ですが、読んで字のごとく満期一時金やお祝い給付金と呼ばれる貯蓄性にポイントを置いたタイプの学資保険です。

例えば、小学校入学時、中学、高校入学時、と大学進学時といったイベント毎にお祝い金や満期一時金が受け取れるタイプ、あるいは大学進学時に一括して一時金で受け取れるタイプなどです。

ただ昨今の金利情勢の中、元本割れをするものも散見されますが固定で当初の目標額をご契約者(お父様かお母様)に万が一のことがあっても満期一時金やお祝い金として受け取る事ができるタイプです。

保障型

ご契約者(お父様かお母様)に万が一のことがあった場合、育英年金が支払われるような保障の上乗せや、お子様に医療保障などが付いているタイプの保険です。

当然保障料が上乗せされる分、払込保険料より満期一時金やお祝い金などの受取総額はすくなくなります。

学資保険のメリット・デメリット

メリット

まずはメリットですが、前述したとおり契約者であるお父様、もしくはお母様が亡くなられたとしても、また高度障害状態になり保険料が支払えない状況になったとしても保険料の支払いが免除され、当然ながら保険金やお祝い金など当初の設定とおり受け取る事ができます。

また税制面で銀行預金などの貯蓄と異なり保険料控除があり、また受け取り金額においても一時所得控除の対象となります。

加えて強制貯蓄として、預貯金のように簡単に引き出したりすることができない点もメリットといえると思います。

デメリット

デメリットは、医療保障など付加されている保障型は元本割れをする場合があったのですが、昨今の低金利状況下、そういった保障が付加されていない場合でも、元本割れとなる商品もあるという事でしょうか。

また学資という言葉からイメージされにくいのですが、契約者となる親の健康状態如何では加入することができない可能性もあるという事です。

これは、何かあった時の保障の対象が契約者である親となっているからです。

保険での貯蓄という事から流動性は預貯金より劣ります。

期間途中での解約は払い込んだ額よりマイナスとなります。

更に、お子様がある程度の年齢になった場合は加入できないこともあるので、早めの対応が必要です。

学資保険の返戻率とは

返戻率とは払い込んだ額に対する戻り率のことで、おおむねどこの保険会社でも給付金や満期金の受け取り総合計額と払込額の比率にて表示されています。

(満期金+お祝い金)÷払い込み総保険料×100=返戻率(%)

ただし、ここで注意してほしいのは、どの時期の受け取り額に対してポイントを置いているかです。

小学校、中学、高校の入学時より大学進学時(お子様の年齢で18歳時)の返戻金、もしくは満期金にポイントを置いている場合、この時期の返戻率(返戻金)をしっかり見定めることが大切です。

逆にイベントごとのお祝い金などを意識されている場合、総受取額の高い返戻率の会社を選択するのもよいと思います。

また医療保障などが付加されている場合、当然返戻率に対してはマイナスの影響が出ますのでその点も事前にしっかり検討したうえで加入されることが大切です。

まとめ

学資保険のような貯蓄性商品にご加入される場合、まずはゴールを明確にすることが大切です。

それはいつまでに、どのくらいの額を準備するのかという事です。

プラスお子様の医療保障をどうするか、などです。

まずは保障型を選択するのか、貯蓄型を選択するのかを明確にすることが大切です。

次にターゲットとする満期金や一時金を受け取る時期です。(これは明確化しやすいと思います。)

それをふまえ、次はその時期までにどのくらいの額を準備するのかを明確にすることが大切です。

これにより目標額や目標時期が決まり、選定すべきタイプの学資保険が明確になります。

限られた費用の中で目的の金額を準備するとなると、今の金利情勢下の学資保険では十分な対応ができない場合もあるかと存じます。

ゴールポイントがイベントごとのお祝い金ではなく、お子様の大学進学時に合わせての費用準備、かつ親に何かあった時の保障をと考えた場合、学資保険のみならず、親が被保険者となる終身保険や変額保険も考慮に入れ、選択肢の幅を広げることも昨今の金利情勢下では検討余地があるのではないかと思います。

もちろんそれぞれの商品において、当然ながら一長一短がある訳ですから、ご家族でゴール・目的について十分話し合い、達成するための手段について、より多くの情報を得たうえで選択されることが大切かと思います。

プロフェッショナルの
ファイナンシャル・プランナーに

無料保険相談!
ほけんペディアを運営する、アイ・ティ・コンサルティング(ITC)は、
国家資格をもった50名以上のファイナンシャルプランナーで構成する保険技術者集団であり、
ファイナンシャルコンサルティングを基本手法とする独立系保険代理店です。
保険のことでお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。